ABOUT US

貝塚まちづくり株式会社について

設立趣旨

歴史ある資源に目を向け
貝塚の未来を私たちが描きます

貝塚は、室町時代より、願泉寺を中心に寺内町として栄え、かつては廻船業や紡績業が盛んでしたが、 現在は産業衰退とともに、人口も減少しています。

特に、寺内町などの歴史ある地域では、若年層の外部流出が顕著であり、少子・高齢化が深刻な状況ですが、寺内町以外の地域でも、基本的にはベッドタウンになっており、中長期的にはほぼ確実に過疎化していくことが予測されます。

この背景には、柱となる魅力的な産業が市内に存在せず、目指す未来が私たちの間で共有されていないこと、さらにその根本には「大日本紡績」(ニチボー)誘致に始まる近代産業興隆の恩恵意識がいまだに奥底にありその受け身体質から抜け出せていないことが前提としてあるのではないでしょうか。

この状況を打破するためには、まず私たち自身が現状に危機意識と当事者意識を持ち、「自分たちの手で、魅力ある貝塚を創っていく」という主体的な姿勢に基づき、「市民による、市民のためのまちづくり」を実践する必要があります。

貝塚には、登録有形文化財などの貴重な歴史資源や、泉州水なすをはじめ全国に誇れる食材、豊かな自然や良質の温泉、それにパワフルで「おもろい」人々が、まだまだ多く存在します。

貝塚の持つこれらの資源を新たな視点で活かし、貝塚の豊かな未来を創るために、私たちは貝塚まちづくり株式会社を設立しました。

VISION



















































行動指針

伝承
貴重な歴史資源を時代に合った形で
活用し、次世代に受け継ぎます。
guidelines-img2
接続
ユニークな人と資源との交わりを促し、
新しいムーブメントを生みます。
guidelines-img1
創造
古いものの上に新しいものを創造し、
新たな価値を生み出します。
guidelines-img3
guidelines-img2 guidelines-img1 guidelines-img3

会社概要

会社名
貝塚まちづくり株式会社
設立
2019年6月
資本金
310万円
代表取締役
小野寺 敦史
取締役
岡本 義彦、倉本 雄平、寺田 利治、卜半 顕、名加 夢子、南川 孝司
監査役
奥田 稔、宇野 榮郎
部会
不動産部会、建築部会、広報部会
主たる業務
・不動産の売買・賃貸並びに所有・管理・運用
・住宅地・別荘地の開発造成
・ホテル・旅館などの宿泊施設の設計・経営及び管理並びにコンサルタント業
・貸会場・レンタルルームの経営
・旅行業法に基づく旅行業並びに飲食店及びホテル・旅館などの宿泊施設の経営
・各種イベントの企画・製作・運営並びに管理